妊娠初期の抜け毛の原因と対策

妊娠初期の抜け毛の原因とは

女性用育毛剤妊娠中

妊娠初期にやたら髪の毛が抜けるという人が少なくないです。

 

赤ちゃんができたことに対する喜びと共に、いろいろな不安やつわりが始まる中、ストレス要素が加わるのは嫌ですよね。妊娠初期に髪の毛が抜けやすい原因を知っておけばそこまで深く悩まなくてよくなりますよ。

 

妊娠初期に抜け毛が増える原因は以下の通り。

 

ホルモンバランスにの乱れ

妊娠初期はホルモンバランスに乱れが生じがちな時期です。多くの女性ホルモンが分泌されるため、一見すると抜け毛の原因とは考えにくいですが、普段に比べれば不安定な状態であり、ヘアサイクルが早まる原因ともされています。ヘアサイクルが早まればそれだけ抜け毛が多くなり、成長し終わる前に抜け毛となってしまうため、全体的に髪の毛が薄くなるような印象を与えてしまいます。

 

妊娠初期特有のストレス

次に、妊娠初期特有のストレスに関するものです。妊娠初期はつわりがあったり、まだ安定期に入っていなかったりする関係で妊娠初期特有の緊張感、ストレスがあります。ストレスは髪の毛にとっては大敵であり、抜け毛と結びつきやすい原因にもなります。このため、妊娠初期に見られるというのはこうしたストレスも大いに関係していると言えます。

 

髪へ栄養が行き届いていない

髪の毛への栄養不足というのも抜け毛に直結するとされています。自分だけが消費する分には十分な栄養であっても、胎児にもその栄養を分けるとなれば不十分となり、結果として抜け毛につながってしまいます。

 

これらの要素が絡み合うことにより、妊娠初期の抜け毛につながることが考えられ、あくまでも複合的な要因によって成立していることがわかります。

妊娠初期の抜け毛は放っておいて大丈夫?

女性用育毛剤妊娠中

今はストレスも多いから何をしてもしょうがないとばかりに、妊娠初期の抜け毛を放置する人がいますが、その原因をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

例えば、ホルモンバランスの乱れによるものであれば、それこそどうしようもないため、安定期に入ってからどのように変化するのかというのを確かめる必要があります。

 

ここで抜け毛が減るようであればホルモンバランスの乱れによるものであり、段々と回復傾向に入ってくることが考えられます。

 

一方、ストレスや栄養不足の場合には安定期に入っても回復しない場合があります。ホルモンバランスの乱れではなく、栄養不足などに原因があったというのはこれにより明らかとなります。

 

この状態のままにしておくと、髪の毛の薄さばかりが目立ち、妊娠中はずっとそのことを気にするようなことになってしまいます。そのため、ホルモンバランスの乱れ以外の理由で放置しておくのは、あまりおすすめできません。

 

抜け毛が目立ち始めた場合、原因によっては気にせずそのままにしておき、自然に回復するのを待つというのも大事です。しかし他にその要因が見られる場合などは放置せず、適切な対策をとりながら備えていくことが求められます。

抜け毛が治まるのはいつから?

抜け毛が治まるのは安定期に入ってからとされています。

 

そもそも、妊娠をするとプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されます。プロゲステロンは栄養素を体内にため込むようにする効果があり、髪の毛に関しては、発育を助けたり、髪の毛を成長させ続けるなどのメリットがあります。

 

これにより、髪の毛が生え変わるサイクルが遅くなり、人によっては妊娠によって濃くなる人もいるなど、体質によってその傾向は大きく変わります。

 

ただ、つわりなどにより、栄養に偏りがみられると髪の毛に影響を与えてしまいます。つわりのある時期、いわゆる安定期に入る前というのはそれだけ抜け毛が発生しやすい時期ということになります。安定期に入ってしまえば、辛いつわりも収まり、その分、食事ができるようになるため、栄養の偏り、栄養不足というのも改善されるようになり、結果として抜け毛がストップするようになります。そうしたことからも、安定期が1つの目安となりそうです。

 

分娩後脱毛症と呼ばれる抜け毛が産後に発生するため、多かれ少なかれ抜け毛への悩みが出てくることもありますが、少なくとも妊娠中は適切な対応をとっていれば安定期を境に気にならなくなるというのが一般的な傾向です。

妊娠初期の抜け毛対策

効果的な対策として、まずはバランスのいい食事が重要です。

 

栄養不足による抜け毛を防ぐには、常にたっぷりと栄養補給をすることが大前提となります。この場合、特にたんぱく質を意識した食事が必要となり、和食メインの食生活にすることで容易に補っていくことができるようになります。つわりがひどい時期は無理に食事をせず、サプリメントなどで補うことでも、抜け毛対策としては十分な効果を期待できます。

 

髪の毛にとっていい洗い方というものを知っておくことも、対策として必要です。例えば、爪でゴシゴシと洗うようなのでは逆に頭皮を傷つけてしまうため、指の腹の部分で頭皮をもみこむように洗っていくことで、汚れを確実に落としながら頭皮のマッサージをしていくことが可能となります。シャンプーも自然由来の成分を使ったものにすれば、頭皮などへのダメージを最小限にすることができ、おすすめです。

 

また、妊娠中でも使える女性用育毛剤を使用するというのも一つです。妊娠中に使える育毛剤の特徴としては、無添加で長期的に使用しても胎児への不安がないもの。そして、頭皮環境を整えてくれるものです。

 

妊娠中におすすめの女性用育毛剤はこちらでご紹介しています。

 

ストレス発散などを適宜に行い、体への負担を最小限にしていくことができれば、妊娠初期の抜け毛にも対処していくことはできます。あとは、安定期に入るまで、つわりが落ち着くのを待ち、抜け毛の様子を観察していくことが求められます。