賢く利用クレジットカードの使い方

買い物には必須のクレジットカードですが、本来なら現金支払いの方が安心。ですが、賢く使うととっても便利。ただ、使い方をしっかり見極めていかないと大変なことになりますよね。私も使いすぎで請求書を見て愕然としたりと、過去にクレジットカードで失敗経験は多々あります。その失敗から脱出しようと決め、まずはポイントに重点を置きました。光熱費や携帯料金のクレジットカードでの引き落としでポイントゲットは当たり前になってきていますよね。

それだけではなく、普段の食費分もクレジットカードでの引き落としを前提にしてしまうのです。使いすぎではなく、使う分を予めクレジットカードで支払うと決めてしまうのです。チャージと同様で、決めた額だけを引き落とし通帳に先に入れ、その分だけを使う。領収書には額面も記載されているので、使った分は自分で把握できますし、今ではネットでも確認できます。急な出費には分割と、自分でルールを決めて翌月に変動に対応します。

とにかく気持ちが大きくなるクレジットカードですが、こまめに領収書で使用金額を確認していればなんとなく使用していた時よりずっと抑えられます。この方法で、明細を確認しなくても引き落とし額も把握出来ていたり、ポイントも加算されてちょっとしたご褒美が貰えたり。クレジットカードは賢く自分で把握、それが私の使い方です。

女性に人気の車、ラパン

私は車に疎く、ほとんどの車の種類が分かりません。しかし、唯一惹かれる車があり、それはラパンです。発売当時も女性向けの車、といった売り込みの仕方でした。そういった宣伝のお陰か、周囲の女性もラパンに乗っている人が多かったです。最近は見かけないのですが、売っていないのでしょうか。

ラパンは色もおしゃれな色が多く、女性が楽しく乗れる、珍しい女性向けの車でした。看護婦をして稼ぎがある知人は、発売早々、カフェオレ色のラパンの新車に乗っており、周囲から羨ましがられていました。ラパンはそのデザインもさることながら、ぶつかったときの硬さもなかなか良いと聞きました。確か、車の横の部分が硬く作られていたのだと思います。いつか、車を購入するならラパンと決めていましたが、車を購入する機会もなく、ラパンのブームが去っていました。

ラパンに代わる女性向けの車って今、あるのでしょうか。ラパン並の女性向けの車のブームが再び来て欲しいです。ラパンは、その名前にかけている訳ではありませんが、フランスパンを持った買い物帰りの女性が乗車しているCMがありました。そのCMが印象に残っているので、ラパンに乗りフランスパンなどのおしゃれな買い物をしたいと思ったものです。

中古車より新車

私は今まで小型乗用車に乗っていましたが、結婚して子どもが生まれたのをきっかけにミニバンクラスのものが欲しいと思うようになりました。お金もなかったので中古車を考えていたのですが、私の住んでいる地域はとても田舎です。中古車屋さんがないわけではないのですが、個人商店で、車の数も決して多いとは言えないので、2時間かけて県の中心地まで行き、そこで買うことにしました。

往復4時間かかるわけなので、そう毎日行けるわけでもありません。一度行ったらそこで決めてくるつもりで出かけ、運よくとても条件の良い車に巡り合ったので購入しました。中古車とは言え、綺麗にしてくれてあるので特に不満もなく大満足で乗っていたのですが、ある日突然パワースライドドアが閉まらなくなってしまいました。そこからが大変だった。まだ保障期間内であったので購入した中古車販売店と連絡をとったのですが、提携している修理工場とでしか修理はできないと言われてしまい、そしてそれはまた県の中心地まで行かなければならなかったのです。

しかも中古車なので、修理用の部品も中古車から探すとのことでその取り寄せにもまた時間がかかり、結局ずっと台車で過ごしていました。やっとのことで直ってからも、今度はナビが壊れてしまいました。中古車は修理に結局お金がかかるから、それなら新車の方が良いということの意味を身を持って実感している日々です。